切り絵による作品を制作しています。人物画や日常の一コマなど、生命の通ったモチーフを主題としています。

「赤いパンプスと革靴、歯車」。

ブログ

「赤いパンプスと革靴、歯車」。

ある靴の修理職人さんとお茶飲みながら、こんな話を聞きました。
靴を作る人が必ずしも靴を修理できるわけではなく、
靴を修理する人が必ずしも靴を作れるわけではない
そうです。
えっ?そうなの??
とぼくは単純に思ってしまいました。
靴を作る人は平面から部品を拵え、立体に仕上げていく。
対して、直す人は、その立体を、直すために必要最小限の箇所を紐解いて修理する。
もちろん違う作業を主にすることとなるわけですから、確かにその通りかもしれません。
「じゃ、単純にお互いのことを勉強すればいいんではないの?」
という声が聞こえてきそうですが、それはそうもいかないようなのです。
詳しいことは、皆さん最寄りの靴職人さんか、修理職人さんに聞いてみてほしいところなんですが、
「作る人は作ることに日々ほとんどを費やし、直す人は直すことに日々ほとんどを費やす…
両方を極めるにはかなり努力が必要」
とその方はおっしゃっていました。
また、靴というのは歩きやすさ、履きやすさ、用途などに合わせて大量生産、または個人に合わせて一品ずつ作る物。
つまり「修理してくれ」と渡された時点で、前回の応用が利かないことがほとんどということです。
どうやらコンピューターや家電の修理のようにはいかないみたいです。
そこまで話を伺って、ぼくなりに感じた修理職人さんのイメージですが・・・
まるで、
毎回、違う動物の手術をする医者。
のように思ってしまいます。
「ほな、自分で作った靴は直せるんとちゃうんかいな?」
と言いたいところですが、冒頭にも書きましたように、修理する時は必要最小限の箇所を紐解いて作業する必要があります。
この状況下で作業するにはそれ用の技術がいります。
「それ用の技術」には、
「それ用の道具」と「それ用の方法」を深める勉強と経験が必要となり、作る人には、靴を作ることに日々全力を尽くす毎日の中で、なかなか簡単にはゆかず、立場を逆転させても同じことが言えるようです。
直せるけれど、それはまた違う作業となり、
つまり、両者は
「人に良い靴を履いてもらいたい」
という、
同じ目的を持ちながら、全く別の技術と別の道具を携えているのです。
ですので、
直す・作る、どっちの技術をどこまで極めるか
は人それぞれの想いによって判断されてゆくもので、それはまさにアーティストの域であるようにぼくは感じました。
話は少しそれますが、
阪神大震災によって受けた被害の数々は、ぼくたちがTVや新聞でだけ知らされた以外に、こういった事実もあります。
多くの靴職人の方々の失業
神戸は靴の町として知られていました。いえ、現在でも勿論名を馳せておりますが震災により、大小様々な工場や工房の損失をまぬかれなかったようです。
このような、防ぎようもない災害のせいで、復興ではなく奪われていった大切なものがあるというのはとても悲しいことです。
けれど、靴を作る・直す人たちが手を結んで何か大きなムーブメントが起りつつあるようなんです。
画像の説明

「赤いパンプスと革靴、歯車」
2017
F3(273×220mm)
この作品は、先日、靴の修理職人の女性からご依頼いただき制作した、オリジナル切り絵です。
この方から頂いた言葉は、まさにこの作品のタイトルそのまま、
赤いパンプス、
革靴、
あと歯車、
この3つが好きだから絵にしてほしい、
ということでした。
ぼくの発想で、自由気ままに描かせてもらった結果、自分のこれまでの作品にはなかったイメージを放出することができました。
ご依頼くださった修理職人の方も、ぼくのこの「どんな作品が出てくるかわからない」のを楽しみに、言葉少なめにご依頼したようです。
さて、この女性は「直す人」ではありますが、忙しい合間をぬって、作ることの勉強もされているようです。
自分のなす事への愛情が感じられてきます。
ただ切って貼っただけの、工作のような修理ではなく、履く人の何十年先の生活に密着した修理。
そんな仕事に熱意を注ぐ姿は、とてもかっこいい。
情熱大陸に出るのがナンボのもんじゃい、って思います
靴職人の皆さんが、2018年をめどに何か大きなことを企画されているようです。
多くの人を巻き込んで、感動を与える企画になりそうです。
ぼくも、ほんとに僅かではありますがお力添えするつもりです。
詳細はここではまだお知らせできませんが、いずれまた!!
靴やものを愛する修理のひとがここに
↓   ↓   ↓  ↓
靴と鞄の修理
アトリエ・アウル

コメント



認証コード4389

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

切り絵 似顔絵 データ ウェルカムボード ペット 結婚 金婚 銀婚 お祝 プレゼント 八田員徳 絵 アート 母の日 父の日